浮游生物

 

糸を手缲り寄せ

锖びた针の穴に通す。

擦れる音が 

耳に障ります。


思い出の诘まった

草卧れた布と 

额縁の中で二人きり 

痩せこけた颜。 


悲しいから抱えていた 

お人形さんは壊れて 

腕が取れてお目々がない 

お母様、継ぎ接ぎで合わせて直してくれませんか?


ひとりぼっちの部屋の中

お人形さんとお喋り。 

まったくあんたは爱想が悪くて 

笑わない子だねぇ

ってお母さんが言うの。    



一人寂しいお夕食 

お人形さんと食べるの。 

冷めたひとかけのパンと 

トマトのスープに映る私のお颜。 



【置き去りにされた爱情は気づけばもうそこには无くて    嘘造りに溺れた女はやがて大切な物を忘れた    溺れた末に见えた物すら见つける事が出来ない。】 


小さくうう、う、う歌う

ららら の、 こ、声は。

つ、冷たい部、や屋に

少々、すこ、しだけ响いて


中央に座っています

私の头上で消えました!

寂しい音(ね)?

寂しい夜(よ)。

どこもかしこも腐ってゆく 


【それは所谓、果実や动物の死骸の腐败现象のように。 嫌悪感を覚える异臭を放ちながら。】 


ひとりぼっちの部屋の中 

お人形さんとお喋り。 

「贵女は悪い子なんかじゃないから」 

ってお人形さんが言うの。 


一人寂しいお夕食 

お人形さんと食べるの。 

冷めたひとかけの大きなお肉と

赤黒いゼリィー 


いつかの絵本の中では 

楽しそうに笑う家族の姿。 

魔法の世界と私の世界は 

こんなにもちがうの 。


「そして彼女は右手に握った寂しさに

「在るだけ」の爱を诘め込んだ

気づけば时间が过ぎたようだ。

静かな部屋の「其処」にはひとかけの母が皿に乗り

こちらを见つめて

何かを诉えていた。」 


October
28
2014
评论
热度(5)
© nano | Powered by LOFTER